分解可能なソリューション

生分解性材料は環境への影響がほとんどなく、持続可能な開発に対応し、環境危機やその他の問題を効果的に解決できるため、需要が高まり、生分解性包装製品はあらゆる分野でますます広く使用されています。包装に使用される材料のほとんどは天然であり、触媒を添加せずに分解できるため、これらのソリューションは食品および飲料業界で広く使用されています。多くの業界や政府が、廃棄物や環境への影響を減らすための対策を講じてきました。UnileverやP&Gなどの企業は、自然のパッケージソリューションに移行し、エコロジカルフットプリント(主に炭素排出量)を50%削減することを誓約しています。これは、さまざまな業界で生分解性パッケージの使用を促進する要因の1つです。業界の自動化されたインテリジェントなパッケージングソリューションなど、ますます多くのイノベーションが最終製品に拡大しています。

ますます多くの責任ある人々が持続可能な包装ソリューションに向かって動いています。

世界の人口は72億人を超え、そのうち25億人が15〜35歳です。彼らは環境をより重要視しています。技術の進歩と世界的な人口増加の組み合わせにより、プラスチックと紙はさまざまな産業で広く使用されています。さまざまな供給元から得られた梱包材(特にプラスチック)は、環境に非常に有害な重要な固形廃棄物を形成します。多くの国(特に先進国)では、廃棄物を削減し、生分解性の梱包材の使用を促進するための厳しい規制があります。